paleozoic aquarium banner
コッコステウス Coccosteus cuspidatus
コッコステウス No.1
コッコステウスCoccosteusはデボン紀に生きていた魚類で現在は絶滅している。ボトリオレピスダンクルオステウスと同じ板皮類(板皮綱、class Placodermi)である 4), 5)。また,ダンクルオステウスと同じ節頚目(order Arthrodira、ギリシャ語で「関節頚」の意 5))に属する 4), 5)
コッコステウス No.2
板皮類(Placodermi)は、ギリシャ語で板を意味する「plakos」と皮膚を意味する「derma」に由来し 5)、体前半部が、皮膚組織で形成される皮骨で覆われている 5)
コッコステウス No.3
コッコステウス属のタイプ種、Coccosteus cuspidatus 2)は、体長20cm程度 4)で、ダンクルオステウスほど恐ろしい魚類ではない。
コッコステウス No.4
オルドビス紀シルル紀の水界では、アランダスピスサカバンバスピスケファラスピスといった顎を持たない無顎類が大半を占めていたが、デボン紀初期の河川、湖沼、海で成功したのは板皮類であり、とりわけ、節頚目(Arthrodira)は、デボン紀中期・後期に海水・淡水両方の環境で繁栄していった 5)
コッコステウス No.5
コッコステウスはスコットランドのSandwick Fish Bed層で発見されている 3)。このSandwick Fish BedはMiddle Old Red Sandstoneの中の地層であり 1)、非海洋の内陸で形成されたものであることから、Coccosteusuは淡水生だったと思われる 4).。
コッコステウス 展開図
コッコステウスは小さな歯構造と 3), 4)、大きく開けることのできる口を持っていたことから 4)、小さな魚や節足動物などの捕食者だったか、大量の水とともに水底の泥を吸い込み、動物の遺骸や有機物を鰓で濾し取る腐食者だったことが考えられる。
2016年12月 制作