paleozoic aquarium banner
ボトリオレピス Bothriolepis canadensis
ボトリオレピス No.1
ボトリオレピスは,古生代デヴォン紀後期の板皮類(Placoderm。板皮綱胴甲目)である。ほぼ世界中に生育していたと思われる 5)
体の前半部は皮骨で被われた 2)頭部・胸部装甲を持つ。そこから魚類のような体後半が伸びている 5)
ボトリオレピス No.2
Bothriolepis属の代表種であるB.canadensisは体長が40cmぐらいで、頭部・胸部装甲は全体長の約35%ほどになる 1)
水底を這い回り動植物の死骸を食べる腐生食者や有機物を含む泥を食べる泥食生だったかもしれない 5), 6)
ボトリオレピス No.3
上述のように、ボトリオレピスは世界中で見つかっているが、その化石は淡水や汽水堆積物からのものである 5), 6)。ペンシルバニアでは稚魚の大量死が記録されているが、水環境との境界付近に産まれ、酸欠や乾燥で死んだと思われる 3)
これらから、ボトリオレピスは淡水と海水とを行ったり来たりできたのかもしれない。
2014年8月 制作
参考文献・サイト:
  1. Béchard I, Arsenault F, Cloutier R, Kerr J (2014) The Devonian placoderm fish Bothriolepis canadensis revisited with three-dimensional digital imagery. Palaeontologia Electronica 17(1.2A): 19p. (DOI:10.26879/417)
  2. Downs JP, Donoghue PCJ (2009) Skeletal histology of Bothriolepis canadensis (Placodermi, Antiarchi) and evolution of the skeleton at the origin of jawed vertebrates. [abstract] J.Morphol. 270(11):1364-1380. (DOI: 10.1002/jmor.10765)
  3. Downs JP, Criswell KE, Daeschler EB (2011) Mass mortality of juvenile Antiarchs (Bothriolepis sp.) from the Catskill Formation (Upper Devonian, Famennian Stage), Tioga County, Pennsylvania. [abstract] Proc. Acad. Nat. Sci. Philadelphia 161(1):191-203. (DOI: 10.1635/053.161.0111)
  4. Patten W (1904) New facts concerning Bothriolepis. Biological Bulletin 7(2): 113-124. (DOI: 10.2307/1535537)
  5. Prehistoric Wildlife
  6. Weems RE, Beem KA, Miller TA (1981) A new species Bothriolepis (Placodermi: Bothriolepidae) from the Upper Devonian of Virginia (U.S.A.) Proc. Biol. Soc.Wash. 94(4):984-1004.