paleozoic aquarium banner
ダンクルオステウス Dunkleosteus terrelli
ダンクルオステウス No.1
ダンクルオステウス(Dunkleosteus terrelli)は板皮類の一種で、デボン紀後期の海で捕食者の頂点にあり、恐らくは当時の北アメリカやユーラシアの海を泳ぎ回っていたと思われる 3), 4)
ダンクルオステウス No.2
板皮類の多くの種は、背腹方向につぶれた体型で、あまり発達していない異尾を持っていることから、水底に生息し、体をくねらせて泳いでいたと考えられてきた 3)
ダンクルオステウスは頭部とわずかな分散した化石しか知られておらず、結果として、コッコステウスといった小型の板皮類節頚目を参考に復元図の作成が行われきた 3), 4)
ダンクルオステウス No.3
しかし、ダンクルオステウスは体長4.5〜6mもあり、体の断面も卵型をしていた 3)。また、生態形態学的なアプローチによるモデルは、体長が8.79mと見積もられ、腹側の鰭構造が発達した大きな角度を持った異尾を推測しており、ダンクルオステウスは泳ぎが上手だったことを示している 4)
ダンクルオステウス No.4
さらに、ダンクルオステウスは、前方部が鋭く尖った刃状の顎を持っており、現代の魚類と同じように、餌を捕捉しながら吸い込むことができたようだ 1), 2, 。ダンクルオステウスの噛む力は恐ろしく強く、骨をも砕くと言われるブチハイエナなど、現生捕食哺乳動物のどれよりも大きかったようだ 1), 2)
ダンクルオステウス No.5
これらの特徴から、ダンクルオステウスは、素早い餌をも捕捉することができ、鱗や皮骨といった防御のための鎧も食い破りような、当時の生態系で、恐らく同じ板皮類の仲間も含め何でも食べてしまう捕食者の頂点に立っていたと考えられる 1), 2)
ダンクルオステウス No.6
デボン紀後期地層からの板皮類の一部の種で、その体内から胚が見つかったという報告があり、板皮類の中には体内受精で胎生だった可能性を示唆している 5)。しかし、ダンクルオステウスが胎生だったという直接的証拠はまだ見つかっていない 3)
ダンクルオステウス 展開図
フェルティングでは、接着剤や針金などを使わずに、薄い、細い、鋭いといったパーツを作るのは難しい。この作品でも、柔らかいフェルトで鋭い刃のような顎を作り、恐ろしげな容貌を再現するのはなかなか厳しい。
2016年12月 制作
2020年3月 一部改変