paleozoic aquarium banner
ネクトカリス Nectocaris pteryx
ネクトカリス #01
ネクトカリス(Nectocaris pteryx)は、カンブリア紀中期のバージェス頁岩とその同時代の堆積層から発見された、柔らかい体を持った絶滅動物種である 3)。頭足類に近い軟体動物ステムグループにあたるとと考えられている 1)
ネクトカリス #03
見た目は、頭足類の中でも、イカやタコのグループである鞘形類に似ているが、ネクトカリスには体の内外いずれにも殻に相当するものはないようだ 1)
ネクトカリス #02
体長は約7cm 1。触手が2本しかないイカのような形態をしている。頭部(体本体)の側方には幅広い鰭が伸び、前方からは触手が2本伸びている 1)。頭部の根本には筒状の漏斗が突き出し、その両側には短い柄のある眼がついている。眼は、現生頭足類同様、カメラ眼と思われる 1), 3)
ネクトカリス #04
漏斗から吐き出す水流は、遊泳のための推進力として十分だったと考えられている 1), 3)。その漏斗と側方の大きな鰭を使って海底近くを遊泳しながら、小さな餌や動物の死骸を触腕で捕食したのだろう。
ネクトカリス 展開図
漏斗のような中空の構造をフェルティングで作るのは、実はなかなか難しいものである。
2015年3月 制作
2020年5月 再制作
参考文献・サイト:
  1. Royal Ontario Museum. The burgess Shale, Fossil Gallery
  2. Smith MR, Caron JB (2010) Primitive soft-bodied cephalopods from the Cambrian. [abstract & supplementary information] Nature 465:469-472. (DOI:10.1038/nature09068.)
  3. Smith M (2013). Nectocaridid ecology, diversity, and affinity: Early origin of a cephalopod-like body plan. [abstract] Paleobiology 39(2):297-321. (DOI:10.1666/12029.) Data from: Nectocaridid ecology, diversity, and affinity: early origin of a cephalopod-like body plan (DOI:10.5061/dryad.7m6kg.)