paleozoic aquarium banner
ハルキゲニア Hallucigenia sp.
ハルキゲニア No.1
ハルキゲニアは、カンブリア紀の不思議な動物群を産出することで有名なバージェス頁岩から、Walcott によって1911年に記載されたものである 1)
属名のHallucigeniaは「奇妙な、夢のような」という意味であり 1)、その名前の通りハルキゲニアは奇妙な形態をしている。ハルキゲニアは、脚のような突起を持った化石動物のグループである「葉足動物」の仲間であるが、このグループの類縁関係は議論が多く、汎節足動物の基盤となっているグループか、現生の有爪動物のステムグループかもしれない 2)
ハルキゲニア No.2
体長は0.5cm〜3.0cmと 1)、かなり小さい生物である。
ハルキゲニアは、芋虫のような細長い体の背中側に7対の棘状構造、腹側にも7対の細長い足を持っていて、長い首には短い付属肢が2、3対ついている 2)。長く伸びた頭部には1対の眼があり、先端の口には、緩歩動物が持っているような硬い放射状の構造が存在している 4)
ハルキゲニアは海綿類を食べたり有機遺骸類を摂る腐食性だったかもしれない 2)
ハルキゲニア No.3
ハルキゲニアは環形動物(多毛類)の1つとして記載されたが、後に、環形動物ではなく、新しい科、新しい属として再定義・再記載された 1)。さらに、それまで提案されていた体の前後・背腹の方向が、どちらも逆だったことが明らかになった 2)
ハルキゲニア No.4
ハルキゲニア科のタナヒタ(Thanahita distos)は、ハルキゲニアとは別の属ではあるが、シルル紀から見つかったものであり、ハルキゲニアの仲間はシルル紀まで生き延びていたようだ 3)
ハルキゲニア
ハルキゲニアは、背中の棘の先が警戒色をしていたかもしれない。
2014年12月 制作
参考文献・サイト:
  1. Conway Morris S (1977) A new metazoan from the Cambrian Burgess Shale of British Columbia. Palaeontology 20(3):623–640
  2. Royal Ontario Museum. The Burgess Shale, Fossil Gallery
  3. Siveter DJ, Briggs DEG, Siveter DJ, Sutton MD, Legg D (2018) A three-dimensionally preserved lobopodian from the Herefordshire (Silurian) Lagerstätte, UKR. Soc. open sci. 5:172101. (DOI:10.1098/rsos.172101).
  4. Smith M, Caron J (2015) Hallucigenia’s head and the pharyngeal armature of early ecdysozoans. [abstract] Nature 523, 75–78. (DOI:10.1038/nature14573).