paleozoic aquarium banner
エウステノプテロン (ユーステノプテロン) Eusthenopteron foordi
エウステノプテロン #01
エウステノプテロン(Eusthenopteron foordi)は、デボン紀後期の肉厚の鰭を持った肉鰭類(Sarcopterygii)の化石動物であり、カナダのミグアシャ(Miguasha)で多数見つかっている 2), 4)。属名の"Eusthenopteron"は、ギリシャ語で「丈夫な鰭」という意味であり、種小名は発見者に由来する 8)
スウェーデンの古生物学者Erik Jarvikによる長年の研究もあり、エウステノプテロンは広く知られるようになった 3), 6)
エウステノプテロン #02
体長は約50、60cm 4), 8)。1m以上にも達するようだ 5)
胸鰭、腹鰭には四肢動物と相同な上腕骨、撓骨、尺骨、及び大腿骨、腓骨、脛骨をそれぞれ持つが、そこから先には陸上脊椎動物のような構造はなく、明らかに鰭のままである 4)。尾鰭は特徴的な三葉で対称形をしている 5)
エウステノプテロン #03
上顎には内鼻孔(choana)があり、これは四肢動物と同じ形質であり 6), 9)、口を閉じていても空気を取り込むことができたかもしれない。
エウステノプテロン #04
四肢動物に近縁でありながら浅瀬や陸上には適応しておらず、魚類として十分に問題のない生活を送っていた 6)。獲物を待ち伏せする肉食魚類で 10)、大きな獲物も吸い込み噛み付いて餌にしていたと思われる 7)
化石が見つかっているのは淡水環境と考えられる場所、ないしは河口付近の汽水域である 2), 5)
エウステノプテロン
エウステノプテロンは、四肢動物(Tetrapoda、四足の脊椎動物)とそのステムグループをあわせたtetrapodopmorph(四肢形の動物)の中の、比較的四肢動物に近いTristichopteridae科のメンバーであり 1), 2), 6)、現生の肺魚やシーラカンス(Latimeria)などよりもはるかに陸上四足脊椎動物に近い位置にいるが 1)、やはり前述のように完全に水生である。
2021年6月 - 8月 制作
参考文献・サイト:
  1. Ahlberg PE, Johanson Z (1998) Osteolepiforms and the ancestry of tetrapods. [abstract] Nature 395: 792 - 794 (DOI:10.1038/27421) (The full-text was reffered to ResearchGate.)
  2. Clack JA (2007) Devonian climate change, breathing, and the origin of the tetrapod stem group. Integra. Comp. Biol. 47(4):510 - 523 (DOI: 10.1093/icb/icm055.)
  3. Devonian Times - More About Lobe-Fins: Sarcopterygii (Retrieved 9 August 2021.)
  4. Geological Survey of Canada. Past lives: Chronicles of Canadian Paleontology. 22. Eusthenopteron - the Prince of Miguasha (Retrieved 24 July 2021.)
  5. From water to land - Miguasha National Park - (Retrieved 25 July 2021.)
  6. Merck J (2021) Accidental Land Animals. GEOL 431 Vertebrate Paleobiology, Spring Semester 2021. Department of Geology, University of Maryland. (Retrieved 22 July 2021.)
  7. Porro LB, Rayfield EJ, Clack JA (2015) Computed tomography, anatomical description and three-dimensional reconstruction of the lower jaw of Eusthenopteron foordi Whiteaves, 1881 from the Upper Devonian of Canada. Palaeontology 58(6): 1031 - 1047 (DOI: 10.1111/pala.12192.)
  8. Whiteaves JF (1881) On some remarkable fossil fishes from the Devonian rocks of Scaumenac Bay, in the Province of Quebec. Annals and Magazine of Natural History 8(44): 159-162 (DOI:10.1080/00222938109487434.)
  9. Zhu M, Ahlberg PE (2004) The origin of the internal nostril of tetrapods. [abstract] Nature 432: 94 - 97 (DOI:10.1038/nature02843.) (The full-text was reffered to ResearchGate.)
  10. Zylberberg L, Meunier FJ, Laurin M (2010) A microanatomical and histological study of the postcranial dermal skeleton in the Devonian sarcopterygian Eusthenopteron foordi. Acta Palaeontologica Polonica 55(3): 459 - 470 (DOI:10.4202/app.2009.1109.)